万葉歌碑について

No2 万葉集773番 大伴家持

万葉集773番歌碑[紫陽花の歌]

  言問はぬ 木すら 紫陽花諸弟らが 

       練りの村戸に あざむかえけり

 

意味 : ものを言わない木でさえ、紫陽花(あじさい)のように色鮮やかに見せてくれますね。それ以上に言葉をあやつる諸弟たちの上手い言葉にすっかりだまされてしまったことですよ。

一覧へ戻る

トップページに戻る