二上まなび交流
 > 平成26年度これまでの事業

平成26年度 これまでの事業

主催事業
「まなびっこクラブ 宿泊交流会」  平成27年2月28日(土)~3月1日(日)

 午前中はまなびっこクラブの最後の活動と閉講式を行いました。午後からはこの1年間「まなびっこクラブ」で頑張ったみんなで
の1泊2日の宿泊交流会を行いました。
 初日にはクラフト活動として「ブーメランづくり」と「勾玉づくり」をしました。仕上がったブーメランは体育館で飛ばしてみて
遊びました。みんな上手に作ることができていました。勾玉づくりのほうは、少々難しかったため時間がかかった子どももいました
が、みんな思い思いの作品に仕上がり、満足している様子でした。夕飯を食べたあとは、班対抗の「館内ビンゴオリエンテーリング
≪上級編≫」をしました。かなり難しかったようで、みんな必死になりながらポストを探していました。
 2日目には、メロンパンづくりをしました。亀やクマの形など個性的なものがたくさんできました。サクサクしていて味もとても
美味しく焼き上がりました。
 この2日間のいろいろな活動を通し違ったクラブの友だちと仲良くなることができ、とても充実した交流会になりました。

主催事業
「ものづくり体験クラブ」  平成27年2月21日(土)~22日(日)



  小学5年生からの「ものづくり・デザイン科」に向けて、高岡市内の小学4年生28名が高岡の伝統工芸である鋳物体験を行いました。
 まずはあらかじめ考えてきた下絵での原型づくり。午後からは高岡地域地場産業センターに移動し、講師の斎藤先生に教わりながら型
への砂ごめ作業をしました。体力と根気が必要な作業ばかりでしたが、どの参加者も弱音を吐くことなく、一生懸命取り組みました。で
きあがった鋳型に溶けた錫を流し込み完成です!それぞれがデザインしたイラストや文字などがはっきりと浮かび上がり、ステキな小物
入れに仕上がりました。夜にはそれをピカピカに磨き、さらに素晴らしい作品になりました。
 2日目にはゴム印づくりも体験し、創作意欲あふれる2日間となりました。閉会式では保護者のかたに作った作品を見てもらい、さらに
一人ずつ作品についての発表もしてもらい、参加者のみんなにとって自分の作品がさらに愛おしいものとなった様子でした。


主催事業
「ひな人形づくり教室」  平成27年2月11日(水)

 折り紙を使ってのつるし雛づくりとチョコレートのおやつづくりをしました。
 つるし雛では、色とりどりの折り紙を使ってひな人形をはじめ、おめでたい鶴や亀、またいちごやサルなどといったものまで作りまし
た。折り方の難しいものは、高校生ボランティアや指導員に教わりながら、みんなで楽しみながら作りました。
 午後からはおやつづくりとして「マシュマロホワイトチョコバー」を作りました。チョコレートやマシュマロ、コーンフレークをくだ
いて混ぜ合わせて冷蔵庫で固めて完成です。とっても簡単に出来上がりました。
 その後は午前中に折った人形などを赤いヒモにつけてオリジナルつるし雛が完成しました。どの参加者も無事完成しとっても嬉しそう
な様子でした。ぜひお家に飾ってくださいね。

主催事業
「冬の二上山を楽しもう♪」  平成27年1月24日(土)

 午前中は恒例となった臼と杵をつかってのもちつき大会をしました。「よいしょっ!」の掛け声の中、子どもたちは一生懸命におもちを
ついていました。つきあがったおもちは、きなこ味をつけたり、うどんの中に入れて「力うどん」として味わいました。つきたてのおもち
はやっぱりとってもおいしかったです◎
 午後からは外に出て、かんじきやスノーシュー体験をしました。初めてかんじきをはくという参加者がほとんどで、ナチュラリストの先
生からはき方を教わり、雪のたくさんあるキャンプファイヤー場で実際に雪の上を歩いてみて感触を確かめました。その後は、「冬の二上
山自然観察」として遊歩道を散策しました。樹木の冬芽を探したり、動物が雪の上に残した足跡などを探したりしました。
 この日は寒かったのですが、晴れていて天気が良かったのでとてもキレイな立山連邦を観ることもでき、参加者のみんなは感動している
様子で、とても充実した1日となりました。

委託事業
「なかよし合宿 冬のつどい」 Part 1 平成27年1月10日(土)~11(日)
                   Part 2  平成27年2月7日(土)~8日(日)




 富山県内の小学1~3年生が集まり1泊2日のお泊り合宿をしました。
 1日目の最初の活動では、まなび交流館の周辺をいろいろなゲームをしながら探検する「雪あそびツアー(Part1)」「雪山ハイキング
(Part2)」をしました。各チェックポイントでは、早口言葉にチャレンジしたりじゃんけんやソリ遊びなどをしたりして楽しみました。夜
の活動では、館内を真っ暗にして『暗夜行路』を行いました。アイマスクをしてチェックポイントまで歩く部分もあり、少し怖がっている
様子の子どももいましたが、班のみんなで励まし合い声を掛け合いながらゴールを目指しました。
 2日目には、おやつ作りとして『きらきらクッキー』を作りました。クッキー生地をみんなで一生懸命にこね、好きな形に型ぬきをして、
真ん中にキャンディを入れて、最後にオーブンで焼き上げました。キラキラしてとってもきれいなクッキーが完成して、家族へのステキな
お土産となりました。


主催事業
「クリスマスのつどい」  平成26年12月13日(土)~14(日)



 今年もたくさんの参加申込みがあり、抽選にて選ばれた50名の方が元気に参加してくださいました。
 まず最初の活動は「クリスマスケーキづくり」。ハンドミキサーを使い生クリームをホイップし、いちごやみかんなどいろいろなフルーツ
をトッピングして、大変おいしそうで豪華なケーキに仕上がりました。次は「キャンドルづくり」。自分の好きな色のクレヨンを削り、その
中に溶かしたロウを入れて固めたら出来上がり!とっても簡単に出来上がりました。
 続いては、一番のお楽しみ?だった「クリスマスパーティー♪」です。ピラフや熱々ピザ、からあげやフルーツなどとっても豪華なお料理
が並びました。パーティーでは「ビンゴゲーム大会」や「サンタさんの福笑い大会」もあり、大変盛り上がりました。
 2日目には富山大学のサークル『Art For All』さんの協力のもと、「クリスマスフォトフレームづくり」をしました。松ぼっ
くりやどんぐり、色のついたかわいい形のパスタなどをつけた世界で一つだけのステキなフォトフレームに仕上がりました。
 内容盛りだくさんの楽しい2日間となり、参加者のみなさんにとってのステキな思い出となったなら嬉しいです♥


主催事業
「秋の二上山を楽しもう!」  平成26年11月15日(土)



 開催の数日前から雨でとても寒い日が続き、当日もあいにくの雨の中での開催となりました。まず最初は、まなび交流館の周辺で拾った
どんぐりを使って「どんぐりごま」と「どんぐり人形~カトロ~」を作りました。思い思いに好きな色を塗ったこまは、体育館の床で回し
てみて、誰の作ったこまが一番長く回っているかを競争したりして楽しみました。どんぐり人形~カトロ~のほうも、どんぐりにかわいい
お顔を描き、帽子をつけたり色付けしたりしてかわいい人形に仕上がりました。
 その後は野外施設にて「きのことさつまいものカレーライス&はくさいとフルーツのサラダ」を作りました。初めて野外炊飯を体験する
人も多かったようですが、どの班もみんなで協力し合いとてもおいしく出来上がりました。みんな残さず食べていました。
 午後からはナチュラリストの先生の指導のもと、秋の二上山散策に出かけました。まだ少し雨も降っていたのですが、みんなは元気いっ
ぱいに秋の二上山を楽しんでいる様子でした。途中、木の実や紅葉したきれいな葉っぱを拾ったり、樹木やきのこなどの面白いお話しを先
生からたくさん聞かせてもらい大変勉強になりました。
 雨が降り寒い1日でしたが、どの活動においても参加者みんなのいっぱいの笑顔を見ることができて、とてもうれしかったです◎

委託事業
「なかよし合宿 秋のつどい Part1 平成26年10月11日(土)~12日(日)
       〃         Part2」平成26年11月8日(土)~ 9日(日)





 小学1年生~3年生での1泊2日のお泊り合宿です。1日目はまなび交流館周辺を探検するウォークラリーをしました。途中ではいろいろな
ゲームをして楽しみました。道に迷った班もありましたが、地図をよく見て、班で相談し協力しあいゴールを目指しました。
 館に戻ってからは、自分たちだけでのベッドメイキング、入浴、夕飯の配膳などを体験しました。夜には館内オリエンテーリングや楽しい
レクリエーションゲームで盛り上がりました。最初のころは、家族と離れてお泊りすることに少し戸惑っている子もいましたが、このころに
はみんなすっかり打ち解けて寂しい気持ちを少しは忘れられているような様子でした。
 2日目には、家族へのお土産として「チョコチップ入りいちごパン」を作りました。材料の卵や牛乳、小麦粉、シロップなどを手で混ぜ合
わせて一生懸命に生地をこね、さらにハート型や動物の顔の模様などみんな思い思いの飾りつけをして仕上げました。どれもそれぞれ個性的
でおいしそうなかわいいパンに仕上がりました。
 この2日間の合宿を通して学んだことや感じたことが、これからのみんなの自信につながってくれたらいいなぁって思います☆★☆


主催事業
「第6回 まなびっこフェスティバル」 平成26年10月4日(土)


 さわやかな秋晴れの中、第6回まなびっこフェスティバルを開催いたしました。
 ボーイスカウトやガールスカウト、高岡市児童クラブによるクラフトづくりや、富山大学・高岡法科大学の学生たちによるプラ板・
バルーンアートのコーナー、福岡の菅笠保存会によるミニ菅笠づくり、ボランティア団体「ぺんぎん」によるおもちゃの修理、まなび
交流館からはメロンパンづくりやプラネタリウム、まなびっこクラブ員による箏演奏、お茶席でのおもてなしなど本当にもりだくさん
のブースを設けました。
 ご来場いただいたみなさんには、「あそんで・まなんで・たのしんで!」のキャッチコピー通りに存分に満喫していただける1日と
なったのではないかなと思います。来場者数も年々増加し、今年は約900人の方々にご来場いただきました。ありがとうございました!

主催事業
「夏休み自由工作教室」 平成26年8月19日(火)


 小学1・2年生を対象に自由工作教室を開催しました。内容は、「紫外線絵具でお絵描き」と「ステンドうちわ」です。
 紫外線にあてると色が浮かび上がってくる絵具を使い、画用紙にいろんな絵を描きました。出来上がったものは、みんな窓際に
行き、実際に日光にあてて色が浮かび上がってくるかどうかを試していました。
 ステンドうちわのほうは、ステンドシールを使って透明なうちわにいろんな模様を描きオリジナルのうちわを作りました。
 どの子も楽しんで作っており、自分の作品に満足している様子でした。

県委託事業
「夏合宿 こども冒険塾」 平成26年8月5日(火)~10日(日)  

【1日目 誰も知らない万葉探検ハイク、森の青空ランチ招待状づくり 他】

 伏木支所での開会式の後、『万葉探検ハイク』に出発しました。伏木地区のいろんな名所を指令書(地図)を見ながら班ごとに探検し
ました。勝興寺で七不思議を探したり、伏木神社で参拝をしたり、如意の渡や数寄屋造りの棚田家などでみんなで記念撮影をしたりしな
がら、約11キロの距離を歩きました。猛暑日となったため大変体力を消耗してしまい、みんなヘトヘトになっていましたが、励まし合
い助け合いながらゴールを目指しました。
 まなび交流館に戻り夕飯を食べてからは、最終日に家族を招待して行う森の青空ランチの招待状づくりをし、夜はぐっすりと眠りにつ
きました。

【2日目 秘密の冒険 Challenge Walk!、バーベキュー 他】

 今日は『秘密の冒険~challenge walk』です。まなび交流館から牧野大橋を超えて、さらに新湊大橋を渡っての約15キロの距離を一
生懸命に歩きました。途中雨に見舞われたりもしましたが、無事どの班も今日の宿泊地である堀岡小学校に到着しました。
 夕飯には班ごとに火起こしをし、バーベキューで楽しみました。フランクフルトや焼き肉、焼きそばなど盛りだくさんの内容でおなか
いっぱいとなりました。2日続けて長い距離を歩いた疲れも少しは癒されていた様子でした。
 夜は本来グラウンドでテント泊をする予定でしたが、天候が不安定であったため体育館にシーツを敷いてみんなで休みました。

 

【3日目 満喫ツアー お船に乗って電車に乗って♪、あっちに行ってこっちに行って♪、洗濯、スターウォッチング 他】

 
ラジオ体操のあと、朝食として牛乳パックを使ってカートンドッグを作って食べました。その後堀岡小学校をあとにし、船と電車を
乗り継いで高岡市街地まで移動しました。高岡市民体育館でお弁当を食べた後、高岡市内を巡る高岡探検ハイクへ出発しました。鋳物
資料館や関野神社などを巡り、最後は万葉線電車といっしょに記念撮影をしゴールとなりました。帰ってきてからは、汗で汚れた洋服
などを洗濯板とたらいを使って自分たちの手で洗濯しました。
 夜には富山県天文学会のみなさんをお招きし、スターウォッチングの予定でしたが、あいにくの曇り空のため館内にていろんな星の資
料や映像などを見せていただき、またいろいろなお話しを聞かせていただき大変有意義な時間となりました。



【4日目 学習の時間、洗濯、館内オリエンテーリング、キャンドルサービス 他】

 
午前中はドリル・感想文・図工の3つのコースにわかれての学習の時間でした。現役の小学校の先生2名をお招きしてそれぞれに夏
休みの宿題を頑張りました。
 午後からは、台風の影響もあり稲葉山への遠足は残念ながら中止となり、代わりに館内オリエンテーリング(上級)と最終日の青空
ランチで使うランチョンマット作りをしました。
 夜にはキャンドルサービスを行い、ボランティアによるセレモニーやとっても楽しいゲームなどで盛り上がりました。雨でいろいろ
と予定が変更となり残念なことも多かったのですが、それを忘れるぐらいに楽しい一日となりました。



【5日目 学習の時間、セーリング協会の方の講演、振り返り 他】

 
今日も午前中は学習の時間でした。雨のため気温が下がり涼しかったこともあり、どの子も宿題がはかどっていたようでした。
 午後からは、高岡セーリング協会の講師の先生の貴重なお話しをたくさん聞かせていただきました。ヨットのお話しはもちろん、
それ以外にもお魚や海のお話しなど普段聞くことができないようなお話しばかりで、とても貴重な時間を過ごすことができました。
 夜にはこの夏合宿を振り返り、思い出発表会で読む感想文を書きました。みんなで過ごす最後の夜であったため、ちょっぴり寂しさ
を感じている人、家族と久しぶりに会えることを心待ちにしている人など・・・皆それぞれの想いを胸に眠りにつきました。



【6日目 森の青空ランチ、思い出発表会、閉会式】

 夏合宿最終日です。みんな一生懸命に「森の青空ランチ」の準備をしました。メニューは「カレーピラフ」と「ヨーグルトサラダ」です。
ずっと会えなかった家族のことを想いながら、みんな頑張って作っていました。
 森の青空ランチでは班ごとに集まって料理を味わいながら、これまでのいろんな体験を話してとても楽しい時間を過ごすことができまし
た。
 その後、思い出発表会で一人ずつこの合宿での感想を発表し、閉会式では参加児童とボランティアそれぞれからのプレゼント交換もして、
5泊6日の夏合宿は閉会となりました。
 この夏合宿こども冒険塾が参加者のみんなにとってキラキラ輝く思い出となって残りますよう、そしてみんなのこれからの日々が今以上に
煌めき輝きますように祈っています★

県委託事業
「夏合宿 プレ合宿」 平成26年7月26日(土)~27日(日)



 夏合宿本番にむけての予習的な合宿です。まず最初は班ごとに集まり自己紹介。その後、班の中での役割分担を決めたり、本番でかぶる全員
お揃いの青い帽子に名前や好きな絵を描いたりしました。この頃にはみんなもうすっかり打ち解けて仲良しになっていました。
 夜には富山大学芸術文化学部のサークル『Art For All』のみなさんの指導のもと「水族館をつくろう!」と題したクラフト活動を行いました。
色とりどりのお魚や貝がら、クラゲ、タコ、人魚などどれもとても個性的なものばかり。本当に海の中にいるような空間になりました。
 2日目は、本番でも何度か体験する野外炊飯です。火起こしや野菜の調理など練習を兼ねて班で協力して行いました。メニューは「スタミナ丼」。
大変おいしく出来上がり、どの班も残さず食べていました。
 閉会式では、本番での再会を約束してプレ合宿は終了しました。

企画事業
「野外料理を楽しもう♪」 平成26年 6月 7日(土)



 梅雨入り宣言直後だったためお天気が心配されましたが、無事雨は降らずアウトドアクッキングを存分に楽しめる1日となりました。37名
の参加者と5名の高校生ボランティアのみなさんと一緒にいろいろな料理にチャレンジしました。
 午前中には、「空き缶を使って焼くコーンパンづくり」「旬菜ととり肉の塩だれいため」「ベーコンポテトスープ」「白玉入りのフルーツ
ポンチ」を作りました。一生懸命パン生地や白玉をこねたり、目にしみる煙に苦戦しながらも火起こしをする参加者のみなさんの姿がとても印
象的でした。頑張って作った甲斐あり、どのメニューもたいへんおいしく出来上がり、野外教室にてみんなで味わいました。
 午後からはデザートづくりをしました。まずはバナナを生地に練りこんだ「バナナケーキ」を一斗缶を使って焼きました。その他に、缶をつ
かってのアイスづくりもしました。缶に材料を入れてさらに氷を入れた缶の中に詰め、サッカーボールを蹴るようにしてアイスを作る題して
「サッカーdeアイスデザート」!!無事アイスクリーム完成の班もあればシェイクになっている班もありましたが、汗をかいた後だったことも
あり、とってもおいしく味わいました。
 今日作ったメニューを、ぜひまたお家でも作ってみてほしいなぁと思います◎

主催事業
「春の二上山を楽しもう」  平成26年5月10日(土)

 

 とても良いお天気の中で41名の参加者のみなさんと一緒に春の二上山を満喫しました。
 午前中には竹てっぽうづくりをし、出来上がったてっぽうで班対抗の的あてゲームをして楽しみました。その後は、まなび交流館周辺の山で
スタッフが採ったたけのこを使い野外炊飯をしました。メニューは「たけのこごはん」「春野菜のいためもの」「新じゃがとわかめの味噌汁」
ともりだくさんでした。どの班もとってもおいしく出来上がりました。
 午後からはナチュラリストの山下先生と一緒に二上山を散策しました。道中は春のたからものさがしをしたり、愛鳥週間にちなんでいろいろ
な鳥を探したりしながら春の二上山を楽しみました。また、今年大豊作だったたけのこについて楽しいお話しもありました。
 今日1日のいろいろな活動を通じ、参加者のみなさんには”二上山の春”を身近に感じてもらうことができたのではないかなと思います★

トップページに戻る